サイクルを理解する

女性の体は男性と違って、体のバランスが変わりやすいです。生理のサイクルやおりもののサイクルを確認しておくことで、自分の体のケアにもなります。おりものが変わる時期は、排卵期、排卵後、生理前、生理後です。おりものの状態を理解することによって、排卵日や生理がくるタイミングを知る目安になるのです。サイクルの時期によっては、臭いがする場合がありますが、それは正常なのであまり気にする必要はありません。しかし、臭いがきつい場合は、医療機関などで相談してみると良いでしょう。おりものの臭いで悩んでいる人は多いです。

女性ホルモンを1つのホルモンと思っている人は多いですが、女性ホルモンは2種類のホルモンによって成り立っています。卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。月経周期には卵胞ホルモンは排卵期に分泌量が増え、排卵前に1番多くなります。排卵後には、黄体ホルモンの量が増えていきます。排卵を1番の目安としてホルモンバランスは変わっていくのです。また、おりもの量は卵胞ホルモンと比例しています。そのため、排卵期になると卵胞ホルモンが増えるので、おりもののも増えるのです。サイクル別のおりものの状態としては、生理後は血が混ざっていて茶色っぽい色をしていますが、卵胞期になると白くてサラサラしています。卵胞期は1番量が多く、透明でゼリーのようになっています。黄体期になると量は少なくなっていき、生理前になると、また量は増えていきます。