原因と対策

おりものの臭いが気になる女性は多いですが、臭いがあるのは異常のことではなく、普通のことなのです。なぜ臭いがするかというと、デーデルライン桿菌という善玉菌が、酸っぱい臭いを発生させているのです。女性なら全員が多少臭いはするので、強烈な臭いではない場合は気にする必要もありません。ただ、おりものが水っぽくて臭いが強かったり、生臭い臭いがする場合は、注意した方が良いです。このような状態は、細菌が発生していたり、善玉菌が減少していたり、と悪いことが起きている場合が多いです。悪い状況から早く抜けだすために、普段からおりものの臭いや色などの状態を確認しておくと良いでしょう。

おりものの臭いを改善するポイントは、膣内環境を整えることです。膣内環境を整える場合、ポイントは善玉菌は残す、雑菌はしっかり落とす、洗浄剤に気をつけることです。体を洗うようなボディソープや石鹸で、膣内まで洗ってしまうと、膣内を守ってくれている善玉菌も一緒に洗い流してしまいます。そうすると、自浄作用が落ちてしまいガンジダになることもあります。しかし、雑菌や汚れはしっかり洗い流す必要があります。水で膣内を洗った場合でも、タンパク性の汚れは洗い流すことができていないのです。体を洗うためのボディソープや石鹸ではなく、膣内専用の洗浄剤を使うことが大切です。善玉菌を残しながらも、雑菌や汚れをしっかり落とすことができ、臭いを抑えることもできます。