正しい手入れ方法

子宮頸部や膣からの分泌物や、子宮などからはがれた古い細胞が混ざり合った物がおりものです。見た目は、無職透明の場合もあれば、白っぽい場合もあります。粘り気があるのが特徴です。月経の前後や、排卵日の時にはおりものの量が増える時もあり、臭いがある時もあります。ですが、その期間以外は臭いが無いのが一般的です。おりものが出てしまうと、下着が汚れてしまうこともあり、あまり良いイメージはありませんが、女性の健康を保つために、とても重要な役割を果たしているのです。自浄作用として、膣内の細菌の繁殖を防いだり、排卵期には精子を包みこんで受精を助ける役割を果たしているのです。ネガティブなイメージが強いおりものですが、女性のデリケートな体には必要不可欠なのです。

普段おりものの色や臭いを気にしていない人は、知識をつけて気にするようにした方が良いでしょう。生理周期によってもおりものは量が変わったり、色が変わったりします。また、おりものが黄色みを帯びたり、量が多かったりする場合は、細菌に感染している可能性もあります。臭いが気になる時や、色が気になる時に、いつもと感じが違うと思ったら、クリニックで検査した方が良いでしょう。